ジュウタクローンの知識.com

住宅ローン 低金利 借り換え 審査基準 繰繰上げ返済 フラット35

サイトトップ > 消費者金融利用暦と住宅ローン審査

消費者金融利用暦と住宅ローン審査

住宅ローン審査を申し込みたいが、過去の消費者金融利用暦が気になり悩んでいる人も多いようです。

例えば、現在基本的な年収や返済能力には問題がないとしても、過去(5年以内)に消費者金融数者に手をだし、特定調停により借金を減額して借金を完済しましたような場合、破産ではないのでブラックリストにはならないですが、信用情報に事故情報が掲載されてしまいます。

住宅ローンの審査基準は基本の点数があり、そからマイナス・プラスされ合格点が出ないとダメですから、過去5年の借入、返済状況を調べられ、5年以内の事故情報があるときは、住宅ローン融資はおそらく、貸してくる銀行はどこにもないでしょう。

住宅ローンの借入れ審査は、債務整理、特定調停などが事故情報として掲載されている信用情報機関のデータをもとに審査し、その結果により良い、悪いの判断がなされます。

それではこのような状況の場合どのようにすれば良いかというと、5年で過去のデータはぼぼ信用情報がら消えますから、 事故5年以上は待って、その期間は貯蓄に励むことをオススメします。

現状の場合は貸してくれるのはノンバンク程度で金利も4%以上要求されますますから、辛抱することが大切です。

当然住宅ローンの検討時期を延ばすのですから、返済期間や年齢的な問題が考えられますし、銀行の信用を得るにも自己資金が多い方が安心できます。

ちなみに、俗に言う「ブラックリスト」は実際には存在せず、信用情報のことを指しています。
詳しくは同HP の「ブラックリストとは」をごらんください。

通常信用情報は、5年〜機関により7年で消えますが、本来のブラック(破産や倒産など)は20年〜30年消えずデータベース化されている銀行や保証会社があるようです。
  

グループホームページ

       
  家を建てる      カラーコーディネーター    FPになろう       太陽光発電


 
  行政書士



  かんたん相互リンク


SEO対策: 住宅|ローン|金利|銀行|融資

コラム一覧

住宅ローンの知識

住宅ローンの種類

借入れ・返済計画

住宅ローン利用方法

住宅ローン比較

コラム

リンク集


inserted by FC2 system