ジュウタクローンの知識.com

住宅ローン 低金利 借り換え 審査基準 繰繰上げ返済 フラット35

サイトトップ > 審査基準攻略法

審査基準攻略法

住宅ローンの融資に対する審査基準は年収や勤続年数のチェックがありますが、返済比率が大きく左右されます。

民間金融機関では、25%〜35%までの返済負担率が多く、35%であれば住宅ローンの審査を問題なくクリアできるといわれています。

例えば年収500万の方が、フラット35で住宅ローンを組もうとした場合、フラット35は年収400万円以上の方の場合、返済比率が35%以下と定められていますから、年収500であれば、ローンの年間年間返済金額がが500万円×35%=175万円まで(月々金145,833円)ということになります。

しかし、もう一つ審査金利といわれる審査基準があります。

これは、ローンの審査の上で返済比率に合うかどうかを判断するための金利のことを言い、この審査金利が、各金融機関によって異なるため、同じ人が同じ条件で住宅ローンの審査を申し込んだとしても、ある銀行では審査が通り、ある銀行では審査に落ちる、違いが生じるのです。

各金融機関の審査金利基準が高い場合は審査が通りにくくなり、審査金利基準が低い場合は審査が通りやすくなるという違いがあるのです。

前例の年収500万の方の場合、審査金利を4%に設定している金融機関であれば約3300万円までであって、3%に審査金利を設定した金融機関であれば約3780万円までの借り入れが可能となります。

したがって、年収500万円で3500万円の住宅ローンを組みたいという方は、利用する融資先は審査金利が3%のところになり、借り入れ額が3000万円でよい場合は審査金利が4%のところでも3%のところでも、審査は通ります。

年収に対し借り入れ希望額が多すぎるのか、審査基準が合わないのか、というようなことがわかっていれば、優遇金利の条件や、保証料、繰上げ返済手数料といった諸条件を考え、借り入れ先どこにするかの選択肢が広がってきます。
  

グループホームページ

       
  家を建てる      カラーコーディネーター    FPになろう       太陽光発電


 
  行政書士



  かんたん相互リンク


SEO対策: 住宅|ローン|金利|銀行|融資

住宅ローンの知識一覧

住宅ローンの知識

住宅ローンの種類

借入れ・返済計画

住宅ローン利用方法

住宅ローン比較

コラム

リンク集


inserted by FC2 system